アーティフィシャルフラワーは、仏花にも最適です!

Pocket

仏壇にお花が飾られてめのを見たことがある人もたくさんおられると思います。

この仏花、生花だと結構手間がかかって、大変なの。と仏壇をお持ちの方からよく聞きます。

そんなストレスを少しでも減らすべく、アーティフィシャルフラワーで仏花を作る人も増えているとか。

ところで、仏花って何かご存じですか?

「仏花」とは、小さな花束のようになっていて、お墓、または、お仏壇に供えるためのお花です。

読み方は、「ぶっか」と読みますよ。

お花屋さんでは、1束、500~800円ほどで売られているのをよく見かけますね。
お墓もお仏壇も、お花を活けるところは、両脇にあるので、普通は2束で1ペア(1対(つい))になります。

仏花に使われるや花の種類というのも、だいたい決まっているんです。
輪菊・小菊・マム(洋菊)・カーネーションを中心に作られています。

これは、お花の持ちが良いお花が多いので、きっと少しでも長く飾っておけるようにではないかと思います。
上の写真も、菊が中心の仏花ですね。

そして、季節や金額に応じて、春は、アイリス・金仙花 ・スターチスなどが使われていたり、夏は、りんどう・グラジオラス・ケイトウなどが使われています。

少し、ゴージャスな仏花が必要なときは、ユリ(すかしユリや鉄砲ユり)が入ったりします。
また、一般的にはアザミやバラのようにトゲのあるものは不可であるとされています。

また、香りが強いものも不向きとされています。
このように結構、色々と決められています。

そして、入れるお花の本数は、奇数で構成されています。
3・5・7本で作られているのが一般的です。形は、神事に用いられる植物(榊(サカキ))を神棚に飾るときの形(ひし形)に作られています。

 

そして、構成する色ですが、「白+赤+黄色+紫+ピンク」の5色をメインにしたどハデな色を使って構成されています。

これは、お仏壇は、浄土を表していて、お経の中で浄土では色とりどりの様々な花が咲き乱れていると記されているので、色とりどりから、どハデ構成になっているのではないかと私は思うんです。

3色の場合もあり、その時は、「白+黄色+紫」で作られていることが多いです。

 

これがお墓やお仏壇にお供えするお花、「仏花」です。
なんだか色々と、お花の種類や形・色・本数など、細かく決められている仏花ですが、お供えのお花は、故人を思ってお供えするお花だということを忘れないで下さいね。

故人が好きだったお花をお供えしたり、香りのきついカサブランカでも、造花にすれば、それも気になりません。
お花の持ちが悪い夏場の日常のお花は、造花の仏花をお供えし、お寺さんや人がお見えになられるときは、生花の仏花をお供えをして。
など、その場その時に応じて、より良い形のお花をお供えすればご先祖さまもお喜びになられると思います。^ ^

でも、これはあくまでも、故人と親しい間柄だから成立します。

どこかへお供えのお花をもっていく時は、きちんとしきたりを守った仏花を持っていかれるのがマナーですね。

大切な故人に贈るお花だからこそ、ご自分で心を込めて作って見るというのもありかもしれませんね。^ ^

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Warning: A non-numeric value encountered in /home/vertpalette/vertpalette.net/public_html/lesson/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/vertpalette/vertpalette.net/public_html/lesson/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/vertpalette/vertpalette.net/public_html/lesson/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43